cheero Power Plus 5 が届いたのでさっそく使ってみた

スポンサーリンク

こんにちは。たにです。先日、発売が発表されてたのを知ってからAmazonですぐにポチった「cheero Power Plus 5」が届いたので、さっそく開封してレビューしたいと思います!

久しぶりのモバイルバッテリーにわくわく。

箱の表面。本体が見える。背景はAmazon製ダンボール。

まずは個人的な感想ですが、久しぶりにモバイルバッテリーを買ったので、結構わくわくしました。これまで使っていたのは、この箱にも書いている「cheero Power Plus 3」でした。それ以来、モバイルバッテリーはc heeroさんというのが僕の中での定番です。

そして、今回の「cheero Power Plus 5」というわけで、さっそく開封!

大きさ、重さ、共に申し分なし!

箱の裏側と付属品たち。背景はAmazon製ダンボール。

開けてみてまず感じたのは、前までの3よりも小さく感じたこと。箱には「18%小型化」と書かれていますが、片手で握れるサイズに収まっていて、数字以上に小さくなった感覚がありました。また、重さも前までよりも軽くなった印象。これなら、常にカバンに忍ばせていても気にならないかなと思ってます。

そして、Power Plus 5の特徴の1つである「残量デジタルインジケーター」ですが、数字じゃなくても困らないけど、数字があればあったで嬉しいんだなと思いました。特に本体バッテリーを充電するときに、あとどれくらいで満充電できるか?の感覚がある程度正確にわかるので、安心して充電できます。

充電の速度は、体感としては大きな変化は感じないです。というのも、充電時間を正確に測ったことがないので、早くなってたとしてもわからないのですが、遅くて使えん!ということは一切なく、普通にストレスなく使える程度の速度は出ている、という感じです。

ちなみに、MacBookやiPadに接続してもちゃんと充電されました。なので、これ1つ持っていればあらゆるモバイル端末の充電に使える子になってくれそうです。

あとは・・・、まあ普通のモバイルバッテリーです。というのも、モバイルバッテリーが登場してからある程度期間が経っているので、製品としてすでに成熟しているという感じです。なので、すでに持ってるよ〜、という方は改めて買い換える必要はないかもですが、まだ持ってない人や古くなって買い換えるという人には「cheero Power Plus 5」は良い選択肢になると思います!

一緒に使いたいおすすめケーブルをご紹介

せっかくなので、モバイルバッテリーと一緒に使いたいおすすめのケーブルをご紹介します。

こちらはUSB-AからMicroUSBとLightningの2つの端子に対応した巻き取り式のケーブルです。MicroUSBの機器に使用するときはアダプタを外して、iPhoneなどのLightning端子の機器に使用するときはアダプタをつけることで、どちらでも使用できます。

また、巻き取り式なので持ち運ぶときにはケーブルを収納できるので、カバンの中で絡まったりとかの心配は不要です。僕はこのケーブルとモバイルバッテリーをポーチに入れて、カバンの中に入れて持ち運んでいます。

ちなみに色は2種類あるので、お好みの方を!あと、ポケモンが好きなあなたにはこちらもおすすめです。

というわけで、高品質で低価格のcheeroさんで揃えるのが僕のおすすめですが、もし「iPhoneだけだからLightning端子があればいいんだけど〜」という方にはこちらをおすすめします。

比較的お安く、品質もそこそこのAmazonベーシックからもっとも短い10cmのLightningケーブルです。ケーブルが長いほうが自由度が高いので安心感はあるのですが、モバイルバッテリーと持ち運ぶことを考えるとこちらをおすすめします!最初は短すぎるんじゃ・・という不安がありましたが、使ってみると意外と短くても問題なくて、逆にコンパクトな方が持ち運びが楽になりました。

まとめ

というわけで、これからの出張や実家帰省などの長時間移動やカフェでのんびりするときには必ず持ち歩くアイテムとして「cheero Power Plus 5」くんに活躍してもらおうと思ってます。

気になった方は是非、検討してみてください!

コメント